美容外科完全ガイド大阪編大阪で人気の美容外科30院を徹底比較

  • 二重整形が評判の大阪の美容外科なび
  • ヒアルロン酸注入が評判の大阪の美容外科なび
  • 脂肪吸引が評判の大阪の美容外科なび
  • 豊胸手術が評判の大阪の美容外科なび
  • しみ・ニキビ跡治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 女性器整形が評判の大阪の美容外科なび
  • わきが治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 医療レーザー脱毛が評判の大阪の美容外科なび

痛み・ダウンタイム

永久脱毛に効果的な医療レーザー脱毛の痛み・ダウンタイムについて紹介しています。

医療レーザー脱毛に痛み・ダウンタイムはある?

医療レーザー脱毛は、メラニン色素にレーザーや光エネルギーなどを照射し、毛根を破壊して脱毛する施術法です。そのため、メラニン色素の多い日焼けした肌には照射できません。

この施術は、エステサロンで扱う光脱毛よりレーザーの出力が高いです。そのため、個人差はありますが、ゴムで弾かれたような痛みがあります。剛毛な方ほど、痛みを感じやすいようです。
痛みに弱い方のためにクリニックでは、麻酔クリームを塗って対応してくれるところもあります。施術中に出力を調整することも可能です。

エステサロンの光脱毛は医療行為ではないため、レーザーの出力を上げることが出来ません。お値段が手頃で通いやすいというメリットはありますが、施術を何回も行わないと毛が細くならないのが難点です。

一方、クリニックでの医療レーザー脱毛は、約5~6回の施術で永久脱毛の効果が実感できます。クリニックでの施術なら、もしもの時も安心です。
なかには、痛みを感じる方もいますが、そのほうが効果があるということなのです。

ダウンタイムについて

医療レーザー脱毛器には、適温に調整する安全装置が付いているものもあるため、火傷の心配はほとんど無いといって良いでしょう。
しかし、医療レーザー脱毛は毛根を刺激するため、術後に赤みが出ることがあります。赤みは、約2~3日で解消されます。

念のため、術後は基礎化粧品などを使用し、お肌の保湿をしっかり行いましょう。乾燥は赤みや肌荒れの原因になります。

クリニック選びは慎重に

クリニックでの施術は大変効果があります。しかし、料金の安さだけでクリニックを選んでしまうと「一時的な効果しか感じられなかった」などということになりかねません。なかには再度、他院で施術を受けることになった方もいるようです。
クリニックを選ぶなら、施術はもちろん、脱毛後のケアもしっかり行ってくれる所がオススメです。

大阪の美容外科の医療レーザー脱毛おすすめ部位4つと痛みやリスク

医療レーザー脱毛の痛みやダウンタイムについておおまかにご説明いたしました。ここからは、より詳しく部位にわけて痛みやリスクなどをご紹介していきます。

すっぴんでもキレイ、化粧ノリのいいお肌を目指すなら顔の脱毛

顔の産毛は自分ですべて処理するのが難しく、医療レーザー脱毛を希望される方も多い部位です。顔の産毛を医療レーザー脱毛すると、すっぴんでもキメが整ってキレイなだけでなく化粧ノリがよくなるなどのメリットがありますが、繊細な場所なので痛みが気になりますよね。頬や鼻下など部位にもよりますが、体の中でも皮膚が薄い場所ですので、多少の痛みはあると覚えておきましょう。

また、施術後に毛嚢炎やニキビができるかもしれません。毛嚢炎とは毛穴の奥で起こる感染症の一つで、一見ニキビと似たようなできものができます。ニキビと違うのは、ニキビのような芯がないこと、痛みやかゆみがほとんどないこと。お肌が敏感な方は注意しておきましょう。また、医療レーザー脱毛を行う前にニキビ治療をしっかりしてからのぞむこともおすすめです。

ファッションを楽しみたい、ワキガ治療をしたい方は脇脱毛

脇の毛は自己処理すればするほど悪目立ちし、思う存分ファッションも楽しめません。また、ワキガにお悩みの方も、脇の医療レーザー脱毛を行うことで菌の繁殖を抑え、ワキガを改善することが期待できます。脱毛と言えば脇を最初にイメージする方も多いですよね。

ただし、脇毛は1本1本が太く毛の量も多いため、ある程度の痛みはともないます。施術時間が長くなることも覚えておいてください。

また、脇は汗をかきやすい場所なので、その分菌も繁殖しやすくなります。脱毛後は清潔に保つよう心掛けていきましょう。

ムダ毛のない美しい足を目指すなら足の脱毛

足のムダ毛は広範囲に渡って生えており、自己処理をしても剃り残しなどがどうしても目立ってしまいます。いざというときに恥ずかしい思いをしないためにも、足の医療レーザー脱毛をする方は多いのではないでしょうか。

足の医療レーザー脱毛は部位によって痛みの度合いが違うと言われています。太ももやふくらはぎなどはそれほど痛みを感じない方も多いですが、毛が多く皮膚が薄いひざや足の指などは多少の痛みをともない、赤みが気になるという声も。

ひざなど刺激を感じやすい部分では毛嚢炎のリスクもありますので、乾燥しないように保湿してあげてくださいね。

清潔なデリケートゾーンで快適に過ごしたいならVIO脱毛

VIOの医療レーザー脱毛を行うことでデリケートゾーンを清潔に保つことができ、かゆみやかぶれ、生理中の不快感を軽減することができます。デリケートな部分なので自己処理を行うのは怖いということもあり、VIO脱毛を検討される人が増えているようです。

ただし、敏感な部分で毛も密集しているため、ある程度の痛みは覚悟しましょう。また、毛嚢炎やニキビのリスクは低めですが、施術後に赤みが出ることもあります。

麻酔クリームを使用して医療レーザー脱毛を行うところもあるので、痛みが怖い方は、麻酔をしてもらえるか確認するとよいでしょう。

大阪府で医療レーザー脱毛が評判の美容外科クリニックはこちら>>

Page Top