美容外科完全ガイド大阪編大阪で人気の美容外科30院を徹底比較

  • 二重整形が評判の大阪の美容外科なび
  • ヒアルロン酸注入が評判の大阪の美容外科なび
  • 脂肪吸引が評判の大阪の美容外科なび
  • 豊胸手術が評判の大阪の美容外科なび
  • しみ・ニキビ跡治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 女性器整形が評判の大阪の美容外科なび
  • わきが治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 医療レーザー脱毛が評判の大阪の美容外科なび

マイクロ切開法(部分切開法)

美容整形における二重まぶたの整形手術について、マイクロ切開法・部分切開法についてリサーチ。治療のメリット・デメリットやクリニックの選び方、大阪での治療体験談などを公開しています。

二重まぶた治療「マイクロ切開法・部分切開法」事情in大阪

二重整形をしたいけれど、手術箇所を小さくできるだけ傷が目立たないような方法で行いたいという人におすすめなのが、マイクロ切開法・部分切開法での整形です。

脱脂法と埋没法を組み合わせた手術方法で、上まぶたの3ミリ前後を切開して二重まぶたを形成します。

マイクロ切開法・部分切開法は手軽な二重整形法として知られています。手術後2日前後は抜糸などのために来院が必要ですが、目元以外のメイクは当日から可能なのだそうです。

【施術時間】

  • 30分前後

【大阪での治療費相場】

  • 20万円前後

【注意点】

  • 1週間程度は腫れが出る可能性がある
  • 治療の約2日後に抜糸が必要

【こんな人にオススメ】

  • 傷が目立たない手術方法がいい
  • ダウンタイムを短くしたい
  • 永久的な効果が欲しい

マイクロ切開法(部分切開法)とは

過去に埋没法で二重手術を受けたけれど、糸が切れてしまった人やすぐに糸が緩んでしまう人におすすめの施術法です。「全切開はお金がかかるし、切る範囲も広くてなんだか恐い」という人にも向いています。手術時間が短く、術後の痛みも少ないのがポイント。1度施術してしまえば元に戻ることはなく、切る範囲も少ないので傷もあまり目立ちません。脂肪吸引も同時に行なえるので、埋没法に比べスッキリした二重になれます。施術料金は25万円前後。全切開法とほぼ変わらない料金ですが、施術後に残る傷口が少なくダウンタイムが短くてすみます。人によっては二重の幅が狭くなってくることもあるので、全切開による施術をおすすめされることも。医師の技術も必要とされる手術ですので、カウンセリングでよく話し合ってから施術方法を決めましょう。

マイクロ切開法(部分切開法)の効果

埋没法と全切開法の中間的な施術方法と言えます。料金は埋没法より高く、全切開法と同じか若干安い場合があります。

埋没法のように糸を身体に残さないので、眼科的な問題が発生するリスクがありません。埋没法ではごくまれに、まぶたの裏側に糸が露出してしまっていることがあり、眼球を傷つける可能性があると言われています。

全切開法と比べるとメスを入れる部分が少ないので、切開することに抵抗がある人でも受けやすい手術です。術後の腫れや内出血も少なく、全切開法を受ける時がない人にもおすすめ。ダウンタイムが少なくなるので早い時期からメイクできるようになり、通常の生活に戻りやすくなります。

まぶたにたくさん脂肪がある人は、脂肪を除去することによってスッキリとした二重を作れるようになるでしょう。ただしマイクロ切開法では脂肪が除去できる範囲が限られてしまうため、全切開法によって脂肪を除去するほうが効果的な場合もあります。

マイクロ切開法(部分切開法)のメリット

効果が半永久的

マイクロ切開法は、1度施術してしまえば一重に戻ってしまうことがありません。埋没法は留めている糸が緩んできたり切れてしまったりすることがあるので、過去に埋没法で糸が切れてしまった人にも有効な方法です。マイクロ切開では半永久的な効果を得られます。

傷跡が少ない

全切開法ではまぶたを20~30ミリ切開しますが、マイクロ切開法ではメスを入れる範囲を10~20ミリに抑えます。傷が少ないので医者の技術次第で傷跡を目立たなく仕上げられるでしょう。5ミリ以下の切開ですむこともあり、ダウンタイムも大幅に短縮できます。「全切開はダウンタイムが長すぎて外出できないのがイヤ」という方に向いています。

体に糸を残さない

施術から1週間以内に抜糸するので糸を身体に残さず、埋没法より安全な施術とも言えるでしょう。縫合糸に自然と溶ける糸を使用することで、抜糸の必要がない施術を行なっているクリニックもあります。

脂肪吸引を同時に行なえる

マイクロ切開では二重手術と同時に脂肪吸引も可能です。切開した部分から脂肪を切除してスッキリした二重を実現できます。

マイクロ切開法(部分切開法)のデメリット

医師によって仕上がりに差が出やすい

施術に失敗すると全切開法に比べ、かえって傷跡が目立ってしまう場合があります。切開部分は少ないですが、二重のライン上の一部を切ることになりますので、二重のライン上、傷の部分に違和感が生じてしまうのです。全切開で施術したほうが傷跡が目立たなかったり、仕上がりがキレイになったりすることがあります。担当医師の経験と高い技術力が求められる施術なのです。

脂肪吸引できる量が少ない

まぶたが厚い場合や脂肪が多い場合は、ラインがナチュラルな仕上がりになるように脂肪除去を同時に行なうことになります。マイクロ切開での脂肪除去は狭い範囲でしか行なえず、まぶたにへこみが生じてしまうことがあるのです。

埋没法と比べると気軽に手術できない

埋没法と比べると手術の時間が長くなるだけでなく、術後のダウンタイムも長くなります。腫れが1週間は続き、1~2ケ月は違和感があるでしょう。

やり直しができず、手術料金が高額。リスクも高くなるのでクリニック選びに注意しなくてはなりません。クリニックの保証内容や信頼度、患者の評判などをよく調べてからクリニックを選びましょう。

副作用・ダウンタイム

埋没法のわずかな腫れとは違い、手術後に患部の強い腫れが1週間以上続きます。1~2ヵ月は腫れが続き、違和感がなくなるのは2ケ月を過ぎた頃です。施術後は痛みがありますが、ガマンできないほどではありません。痛み止めの内服薬でほとんど気にならなくなるでしょう。施術から5日前後で抜糸を行ないますが、それまでは糸が見えるので多くの人が外出を避けます。計画を立てて施術の日程を決めると良いでしょう。

マイクロ切開法の失敗例として二重のラインが左右でズレてしまうことが挙げられます。医師の技術不足だけでなく、施術前のカウンセリング不足が原因となることが多いようです。施術から年数が経ってくるとまぶたの皮膚がたるみ、二重のライン幅がだんだん狭くなってくることもあります。全切開法と同様に、一度施術してしまうと元に戻すのが難しい手術です。術後のイメージを医師と入念に確認しておくことも必要です。

大阪の費用相場

大阪におけるマイクロ切開による二重手術の費用相場は20万円ほど。全国的にみた平均相場が25万円ですので、一般的な金額より低めの料金設定となっています。大阪は二重手術を行なっているクリニックが多く、全国平均を下まわる料金もみられますが、麻酔代が別途料金が必要になる場合もあるので注意しましょう。施術の保証内容も必ず確認が必要です。

マイクロ切開は医師の腕によって仕上がりに差が出やすい施術です。料金だけで選ぶことはせず、医師の経験や口コミ、評判を調べてクリニックを選びましょう。

マイクロ切開法・部分切開法を受ける際の美容外科選びのポイント

一度治療をすると永久的な効果が出るといわれているマイクロ切開法・部分切開法。

埋没法を行ったものの、二重が外れやすいという人に向いている手術方法なのだとか。

失敗しないように信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

また、1週間程度は腫れが出る可能性もあるため、治療後のデメリットや経過観察をしっかり行ってくれるクリニックを見つけたいところです。

マイクロ切開法・部分切開法で手術した人の口コミ

  • 大塚美容形成外科(大阪市北区梅田)
    切開法によって二重をつくったことで、華やかな目元にすることができました。子どものころからのコンプレックスだったので、細い目ではなくなったことがとても嬉しいです。(30代女性)
  • KM新宿クリニック(新宿区歌舞伎町)
    手術中の痛みもなく、理想の二重になることができ外出が楽しくなりました。アイメイクも楽しく、目元で悩んでいる人におすすめしたい手術法です。(30代女性)
  • 恵聖会クリニック京橋院(大阪府大阪市都島区東野田町)
    以前、埋没法で施術したのですが、取れてきてしまったので、修正に目頭の切開とマイクロ切開をしました。術後は先生が言っていたように、日を追うごとにキレイになっていき、やって良かったです。とても満足しています。
  • 恵聖会クリニック京橋院(大阪府大阪市都島区東野田町)
    瞼がぼってり見える脂肪が嫌だったので、教えていただいた埋没法と脂肪除去の併用を行いました。施術時間は1時間程。痛みは想像よりもとても少なかったです。3日間は腫れをごまかすために、サングラスをかけて生活しました。

大阪府で二重整形が評判の美容外科クリニックはこちら>>

Page Top