美容外科完全ガイド大阪編大阪で人気の美容外科30院を徹底比較

  • 二重整形が評判の大阪の美容外科なび
  • ヒアルロン酸注入が評判の大阪の美容外科なび
  • 脂肪吸引が評判の大阪の美容外科なび
  • 豊胸手術が評判の大阪の美容外科なび
  • しみ・ニキビ跡治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 女性器整形が評判の大阪の美容外科なび
  • わきが治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 医療レーザー脱毛が評判の大阪の美容外科なび

埋没法

人気NO,1プチ整形メニュー・二重まぶたの埋没法について解説。治療の特徴、クリニックの選び方、大阪で治療を体験した人の声などをまとめています。

手軽に出来るプチ整形

整形と聞くと、費用が高額で大掛かりな規模の手術を経て行うというイメージがありますが、ここ最近ではメスをも使わず出来てしまうお手軽なプチ整形があります。

特にお手軽なプチ整形の1つに挙げられるのが二重の手術です。くっきりした目元を作りたい。一重を何とか変えたいという人が、プチ整形の利用をしています。その中でも、二重埋没法は、特に利用されやすい手術の1つです。大阪では、どこがおすすめのクリニックなのでしょうか。

大阪で埋没法の費用が安いクリニック

美容クリニックの満足度を調査するアンケートで、施術を受けた人に「いまひとつだった点は?」という質問をしたところ、「費用が高い」と答えた割合が42.1%と最も多い結果となりました。二重整形にかかる費用の数万円は一回ずつにかかる金額ではないとしても、やっぱり費用のことは気になるようですね。そこで大阪で二重埋没法を行っているクリニックの費用を調べ一覧にしました。クリニックによって、複数の術式で埋没法を行っているところもあるので、公式HPやCMなどで各クリニックがおすすめとしている施術をピックアップしています!

クリニック名 二重埋没法の費用(税別)
(両目・二点留め)
表参道スキンクリニック大阪院 18,000円
品川美容外科 18,140円
湘南美容外科 29,800円
恵聖会クリニック 30,000円
大阪雅美容外科 45,000円
あさひ美容外科 50,000円
共立美容外科 54,000円
心斎橋中央クリニック 54,000円
亜門クリニック 56,950円
うまみ美容クリニック 58,000円

このように、埋没法は誰もが手軽に出来るのも特徴ですが、値段が様々です。値段だけを考えると、安ければ安いことに越したことがないと考え、安い値段のクリニックを選ぶかもしれませんが、安い場合に考えられるのが、効果が得られない。あるいは、何度もクリニックに通い施術をしてもらう必要があるといった問題があります。このような問題を回避するためには、二重埋没法について、様々なことを理解しておくとトラブルを回避することが出来るでしょう。そこで、次からの項目では二重埋没法について、解説していきます。

大阪で二重埋没法を受けるならこのクリニックがおすすめ!

自分で一から情報を集めて、自分にあったクリニックを探すのは一苦労。あまり高額でも大変だけど、とはいえ顔なので安心できるところに任せたい。美容に興味のある女子はみんなそう思ってますよね。そこで、大阪で埋没法の施術がオススメなクリニック情報をまとめました。

表参道スキンクリニック大阪院(旧:ワイエススキンケアクリニック)

表参道スキンクリニック大阪院
  • 所在地:大阪市北区曽根崎新地1-3-26、ぐらんぱれビル5F
  • アクセス:四つ橋線西梅田駅より徒歩1分
    JR北新地駅より徒歩1分
    谷町線東梅田駅より徒歩6分
    JR大阪駅より徒歩9分
  • 診療時間:火・水・金・土 12:00~19:00
    日曜・祝日 10:00~17:30 ※月・木曜休診
  • 二重埋没法の費用:18,000円(両目・2点留め)

表参道スキンクリニック大阪院の
公式サイトはこちら

埋没法の特徴

美しい二重にこだわりがある表参道スキンクリニック大阪院では、複数の術式を提案しています。埋没法ではモニターキャンペーン価格の適用があるので、18,000円で施術を受けることができます。納得かつ満足してもらえる提案のため、最低1時間以上の提案なカウンセリングを行っていることも特徴です。施術後のアフターケアの料金は手術料金に含まれているので安心ですね。

 

品川美容外科

品川美容外科
  • 所在地:大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
  • アクセス:JR大阪駅より徒歩約7分
    JR北新地駅より徒歩約5分
    阪神梅田駅より徒歩約5分
  • 診療時間:AM10:00〜PM8:00
  • 二重埋没法の費用:18,140円(両目・2点留め)
    36,850円(両目・2点留め)※3年保証

品川美容外科の
公式サイトはこちら

埋没法の特徴

髪の毛より細い医療用の糸を使用し、戻りにくく自然な二重にすることができます。点眼麻薬に他の麻薬を組み合わせる「ダブル点眼麻酔」で痛みを和らげることにこだわっています。カウンセリング時にバーチャルスティックで、疑似的に二重のラインを作り、施術後のイメージを固めています。事前に施術後の二重の幅や全体のバランスを確認できるので、理想の二重を手に入れることができます。一定の期間の保証制度がありますので、診察により再施術が必要と判断した場合は無料で再手術してくれます。

 

湘南美容外科

湘南美容外科
  • 所在地:大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル5F
  • アクセス:JR大阪駅より徒歩3分
    JR東西線北新地駅より徒歩3分
    阪神梅田駅より徒歩2分
  • 診療時間:AM10:00~PM7:00 予約制
  • 二重埋没法の費用:29,800円(両目・2点留め)※湘南二重術

湘南美容外科の
公式サイトはこちら

埋没法の特徴

アイテープ感覚で行える二重術。はじめて埋没法を受ける人や、過去に他の病院で二重のプチ整形を受けたものの糸が取れてしまった人にも安心の3年保証つきです。通常の医療用の縫合糸と比べて二重が取れにくい、二重手術に特化した極細の糸を使っています。抜糸の必要がないのも、湘南二重術の特徴です。

 

恵聖会クリニック

恵聖会クリニック
  • 所在地:大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
  • アクセス:心斎橋駅より徒歩3分
    長堀橋駅より徒歩2分
  • 診療時間:AM10:00~PM7:00 完全予約制※不定休(月1~2回休診日あり)
  • 二重埋没法の費用:30,000円(両目・2点留め)※1年保証
    48,000円(両目・2点留め)※3年保証

恵聖会クリニックの
公式サイトはこちら

埋没法の特徴

まぶたに埋め込む特殊ナイロン糸の幅をできるだけ小さくして、まぶたに残る糸を少なくすることでまぶたの組織への負担を少なくします。これまでの埋没法に比べると、まぶたにやさしく戻りにくい方法です。4日後に抜糸をする必要があり、洗顔やアイメイクは抜糸の翌日から可能です。ラインは、手術当日、手術の4日後、1ヶ月後検診です。

 

大阪雅美容外科

大阪雅美容外科
  • 所在地:大阪市中央区西心斎橋2-1-25 心斎橋W-PLACE3F
  • アクセス:御堂筋線心斎橋駅より徒歩4分
    四つ橋線四ツ橋駅より徒歩5分
    なんば駅より徒歩7分
  • 診療時間:10:00~19:00
  • 二重埋没法の費用:45,000円(両目・2点留め)※1年保証
    75,000円(両目・2点留め)※3年保証

大阪雅美容外科の
公式サイトはこちら

埋没法の特徴

大阪雅美容外科は、従来の埋没法を解剖レベルから徹底的に研究し、様々な工夫や改良を重ねた結果、最小限に腫れを抑える術式を考案しました。腫れを抑えることができれば、術中や術後の痛みの軽減にもつながります。翌日からメイクができますので、学校や職場で気づかれることはほとんどないところもおすすめです。

 

二重まぶた埋没法を徹底解説!

手頃な価格でプチ整形をしたいなら埋没法がおすすめです。メスを入れるのはちょっぴり心配、明らかに整形したと周りに分かってしまうと困る!という人にも、やっぱりプチ整形。埋没法について詳しく説明しますね。埋没法の知識だけでなく、クリニックの選び方も解説するので是非熟読ください!

二重まぶた埋没法とは

埋没法とはまぶたに糸を埋め込んで、二重まぶたを作る手術のこと。目を開けるときに動く筋肉と皮膚を糸によって連結して、目を開けるときに皮膚が糸にひっぱられて二重になるという仕組みです。

ものすごく簡単にいうと「アイプチをして二重になった状態で、まぶたがもとに戻らないように糸で結んでしまう」というような施術方法になります。

メスで切らない、いわゆるプチ整形であり、埋没法は美容整形の中で最も人気がある方法です。

切開法のように目元へメスを入れる美容整形は、一度チャレンジすると元に戻すことができません。

しかし、埋没法は「二重が戻らないよう糸を結んで固定している」だけです。そのため仕上がりが気に入らなかったり、施術のあと調整を加えたかったり、異物感があって気になったりする場合は、少しまぶたに穴を開けて抜糸すれば元通りにすることもできます。

「いざとなったら元に戻すこともできる」からこそ、埋没法はプチ整形として飛び抜けた人気を誇っているのです。

手術法は、普通の方法であれば、皮膚に1mm程度の穴を開けて、そこから糸を埋め込んで手術を行います。

まぶたに糸を埋め込むなんて怖すぎる!と思うかもしれませんが、埋没法は美容手術の中でも手術件数も多く、満足度が高い手術なんですよ。

といっても、まぶたの裏、眼球に届くような奥深くまで糸を入れるわけではもちろんありません。

また、切開法に比べて傷口が小さいため、比較的身体にかかる負担が少ないことも埋没法の特徴です。埋没法では、施術中に痛みを感じないように局部麻酔を利用します。

目の周辺というデリケートな場所への麻酔なので、利用する注射器の針は大体0.3mm前後という極細のもの。使用する糸も医療用のナイロン製。細さは0.1mm、つまり髪の毛よりも細いのです。

注射針は細ければ細いほど感じる痛みが小さくなっていくものですし、クリニックによっては針を使った麻酔の前に目薬タイプの麻酔を併用する場合もあります。

施術自体も短時間なので、日帰りも可能。目を強くこすったりしなければ、翌日から軽いアイメイクも楽しめます。

とはいえ、埋没法は目に糸という異物を埋め込む施術。腕のよくない医師に施術された場合、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もないとは言えません。有名なクリニック、腕のよい医師がいるクリニックにお願いするようにしましょう。ここまでの埋没法の概要を簡単にまとめると下記のようになります。

  1. メスを入れなく、アイテープのような感覚で手術ができる。
  2. 手術時間が、1時間未満と短い。
  3. 気に入らなければ、元に戻すことが可能。
  4. アイテープ〜医療用糸まで様々な方法での手術方法がある。
  5. 医師次第で、効果が大きく変わってくる。

埋没法の効果

まぶたを糸で留めるだけの簡単な二重の整形法というところが人気の理由ですが、埋没法でつくられた二重がどれくらいもつものなのか不安に感じる人は多いのではないでしょうか。

結論からいうと、埋没法の効果は半永久ではありません。まぶたを切って縫い合わせていないので、糸がほどけたり切れたりしてしまうと二重のラインが消えて、元の状態に戻ってしまうのです。まぶたの厚い人がくっきりとした二重を作ろうとすると二重が取れてしまうことも。

ここで重要なのが、どれくらい効果がキープ出来るかということ。一般的に埋没法は半永久的なものではないため、定期的に通う必要があります。しかし、その通う頻度は、1年に1回なのか、それとも5年に1回なのかでは効果が異なります。その点の効果については、各クリニックの体験談やカウンセリング時に医師に話を聞いて確認すると良いでしょう。この時施術費が安くても、効果がすぐ切れてしまうような埋没法では、結果として費用がかさんでしまうので、安易に安いクリニックを選ぶという考えはやめましょう。

長く効果を持続させたいのであれば、糸を留める場所を増やすか、特殊な術式を取り入れているクリニックと信頼できる医師を探すのがおすすめです。ここ最近では、半永久的な効果を保証するクリニックも登場してきました。

半永久的に持続する埋没法とは?

半永久的に持続する埋没法とはどのようなものなのでしょうか。クリニックによって異なりますが、どれも独自の方法を編み出しているところばかりです。ホームページを確認すればその違いがわかりますが、どれ埋没法のアプローチが、従来のものと異なり、長期間キープ出来ることを保証しています。クリニックによっては、もしクリニックが想定している期間の間に効果が切れてしまったら、無料で施術をするというクリニックもあります。しかし、これらの施術では、費用が高額になるケースが多いので、手軽に出来る二重のプチ整形の費用というより、大掛かりな整形とかわらない費用と考えましょう。その代わり、効果は長く続くというメリットもあります。そのため、どちらを選択するかは将来的なことも視野に入れて考えましょう。

埋没法のメリット

何といっても、切らない、メスを入れないことがメリットはです。

そのため切開手術に比べて、日常生活がいつも通り行えるようになるまでのダウンタイムが短く、腫れも少ないので、周りにバレにくいことも特徴です。ダウンタイムが短いことは、整形手術をする上でとてもメリットなことです。通常の手術の場合、手術した箇所が腫れてしまい、最悪の場合は日常生活が出来ないといった場合もあります。このような時間のために、人によっては、有給で休む選択肢を取ることもあるでしょう。しかし、埋没法の場合腫れがあまり目立つことがないので、ダウンタイムの時間を計算する必要はありません。もちろん、多少腫れは出てしまうので、普段よりも気をつけなければなりませんが、それでも、酷い腫れではありません。なかなか仕事で長期期間休むことが出来ない人にとっては、有効な手術と言えるでしょう。

さらに、費用が安いというメリットも。何ヵ所糸で留めるかにもよりますが、一番手軽な2点留めであれば、両目で6万~9万円程度で二重を手に入れられるんです。若い人でも、チャレンジしやすい金額なのではないでしょうか。手術料は若干高めでも、2年以内に戻ってしまった場合は無料で再度処置をしてくれるクリニックや、保証制度を設けているところもありますよ。二重の埋没法手術を受けて、最悪気に入らない場合は、元に戻すことができるので、手術後あまりに周りからの目が気になってしまったり、うまく出来ない時はやり直すことができることも、メリットの1つです。

埋没法のデメリット

1番のデメリットは効果持続時間の短さです。一般的な埋没法は、約半数の確率で3年から5年で二重が取れてしまいます。さらに数年二重が維持できたとしても、だんだん糸で固定したラインが下に下がってきて、二重の幅が狭くなり物足りなさを感じることが多いようです。

また埋没法は、皮膚の中に糸の結び目を埋めて見えないようにしていますが、まれにこの結び目が見えてくることがあります。結び目が気になって、何度も触ってしまうとそこからばい菌が入って、目がパンパンに腫れてしまったというケースもあるのだとか。このようなときはすぐに手術をしたクリニックに行ってくださいね。

埋没法はダウンタイムが少ない術式ですが、完全に腫れが引いてきれいな二重が完成するには2ヶ月から3ヶ月かかることも覚えておいておきましょう。人によっては、埋没法が全く効果をなさない場合もあります。ある特定の人には、埋没法手術を受けても効果的であるとは言えないので、注意が必要です。それでは、どのような人が受けるべきではないのでしょうか。次のような人が適さないと言われています。

  1. 目の開きが弱い
  2. 皮膚の余剰部分が多い
  3. 皮膚の厚い人
  4. 目をこすってしまう癖がある人

これらに該当する人は、二重の埋没法を受けたとしても、効果がないと言われています。目をこすってしまう人は、気をつければ解決しそうですが、それ以外に該当する人は体の性質上、埋没法施術が適していません。仮に受けても、すぐにテープが剥がれてしまう、糸が重さに耐え切れず元に戻ってしまうことが考えられるので、必ず自分は手術を受けれるかどうかを医師に相談し、確認しましょう。また、二重の埋没法は、目を大きくする手術ではありません。二重を形成するものなので、勘違いしないようにしましょう。

大阪の費用相場

埋没法の一般的な手術相場は、3万円くらいから12万円ほど。8万円ほどが中央値といえるのではないでしょうか。特殊な糸のかけ方をしているともう少し費用がかかる場合もあります。保証制度によって若干費用に差があります。

安すぎる料金表示のクリニックでは、客引きのために設定しているところもありますので、注意が必要です。

なお、大阪で埋没法の手術相場は5万円から10万円くらいです。

【施術時間】

  • 10~15分ほど

【大阪での治療費相場】

  • 5~10万円

【注意点】

  • 場合によっては糸が緩むことで元に戻ることがある(100人中2,3人の割合)

【こんな人にオススメ】

  • 短期間で人にバレずに整形したい
  • 治療費を最小限に抑えたい
  • 末広がり、幅狭めなどのナチュラル系二重にしたい

大阪のクリニックで二重整形するなら知りたい埋没法のリスクと対処法

埋没法で腫れや炎症を起こす場合もある

二重整形の埋没法は皮膚を切る事がないため、手術方法としては一般的に安全性が高い事で知られています。しかし、どんなに安全性の高い手術であっても本来の顔とは異なった状態へと手を施すことに変わりはありません。

中には処置した部分が腫れてしまったり、糸が出てきてしまったりするリスクがあります。

埋没法を行った後に糸を埋め込んだ瞼に腫れの症状が出る人は少なくありません。ただし、これは早ければ1週間程度で腫れが引く人がほとんどであり、長くても1カ月程度の様子見の期間をおけば自然と元に戻っていきます。腫れの症状も重いものではなく、メイクで隠せるような軽度の状態までが一般的です。

そのため、多少、瞼が腫れた程度であるなら、そこまで敏感になる必要はないでしょう。

細菌感染などによる重度の炎症の場合、瞼が腫れ上がってしまうというリスクもあります。糸で縫った箇所に沿って凸凹とした盛り上がりが皮膚の上から目立ったり、痛みや赤みが出てきたりする事もあります。[注1]

また、簡単な手術であるからと思って埋没法を試してみた人が、後になって糸を抜いてみたところ、元の瞼の状態に戻らなかったというケースもあります。これは、埋没法の手術によって瞼の癒着が進んでしまった事により、引き起こされるリスクです。人によっては癒着によって、くっきりとしたままの二重を手に入れられたと感じる事もありますが、自分には合わなかったと思った時でも、癒着が原因で元に戻せなくなることもあるのです。

埋没法のリスクとして、「埋め込んだ糸が劣化するときれいに抜糸できない」という点も知っておきましょう。埋没法で利用するのは、医療用の極細ナイロン糸。ナイロンの糸を使う理由は「身体に吸収されない物質だから」ですが、問題はナイロンが10年ほどで劣化してしまうことです。

埋没法の抜糸では、まぶたに小さな刺し傷を作り、糸をカットして引き抜きます。糸が劣化してボロボロになっていた場合、きれいに抜糸できません。劣化したナイロンの糸は、身体にとっては異物です。何度も埋没法を繰り返すとまぶたに糸が溜まってしまい、しこりのようなものができる可能性もあります。

人の顔は年齢とともに変化していくもの。時間が経ってからメンテナンスするよりも、数年ごとに問題がないかチェックすることをおすすめします。施術後の保証期間が長いクリニックを選ぶとよいでしょう。

また、埋没法でナイロン製の糸を使う以上、もともとナイロンや化学繊維にアレルギーを持っている人は施術を受けることはできません。人によってはアレルギーをもっていても症状が軽く、普段の生活に支障がないため気付いていないケースもあります。

埋没法ではまぶたというデリケートな場所に糸を埋め込むことになるため、事前にナイロンのアレルギーを持っていないか病院で調べてもらうとよいでしょう。

基本的には安全性が高い手術方法ですが、埋没法を行う医師の技術によっては様々なリスクが生じます。この他にも埋没させるべき糸がきちんと皮膚の中に埋め込めきれず、糸が外に出てきてしまう事もあります。瞼の表面から透明な糸が飛び出してくる状態の人もいれば、反対に瞼の裏側に糸が出てしまう状態の人もいます。

この場合には眼球に向けて糸が突き出ている事になるので、チクチクとした違和感の原因にも繋がり、最悪の場合には眼球にキズが付くなどの二次的なトラブルが発生する危険性もあります。

こういった皮膚トラブルをはじめとするリスク以外にも、仕上がりの面で悩みの種となってしまうケースもあります。思った通りの二重の形にならない人や、左右のバランスが悪くなる人など、100%の出来栄えにならない恐れがあるのです。

ほかに、埋没法が完ぺきに上手くいった場合でもリスクが生じることがあります。それが「眼瞼下垂」です。

人間は、まばたきをする時、まぶたの上についている筋肉を使ってまぶたを持ち上げています。この筋肉が加齢によって弱くなり、まぶたが下がってしまう症状が「眼瞼下垂」です。

眼科下垂には

  • 視界が狭くなって転びやすくなる
  • 車の運転がしづらくなる
  • 眼が小さく、細く見えてしまう

というデメリットがあります。

埋没法にはまぶたを持ち上げる筋肉に糸を通す方法もあり、わずかな糸の重みや引っ張る力が何年もかかりつづけた結果、眼瞼下垂になるリスクが高まるのではないかといわれているのです。

眼瞼下垂は年々少しずつ進行する症状なので、鏡を見ていても自分ではなかなか気づけません。ただ、眼科下垂になった場合は保険を使って治療ができます。目元のトラブルにいち早く気づけるよう、二重にしたら定期的に顔写真を撮り、目元に変化がないか確認する習慣をつくりましょう。

[注1]独立行政法人 国民生活センター:美容医療サービス

術後のトラブルには速やかに施術を受けたクリニックで受診

炎症や癒着などが皮膚に生じてしまったとき、痛みや違和感があってもなくても早急に対処する事が必要不可欠となります。その際に訪れるべきクリニックは、埋没法の手術を受けたクリニックであるべきです。

腫れや糸の突出など、トラブルが起こってしまった時には処置をしてもらった医師の技術に疑問を抱きがちです。埋没法での失敗例は割合としては少ないため、手術をした医師への信頼もなくなってしまう人がいます。

しかし、なんらかのトラブルが発生した場合には、どういった手術をしたかを記録しているクリニックに行く事が最善です。適切な処置を施してもらうためにも、施術をした医師にすぐさま相談をする事が大切となります。

リスクを回避するためには事前に医師の過去実績を調べる

埋没法の手術は安全性が高い一方で、どこのクリニックを選ぶかによって思わぬトラブルに見舞われるケースがあります。不要なトラブルを回避するためにも、信用性があり、確かな技術を持った医師を選ぶ事が第一に重要となります。

医師の実力を知るためには、可能であれば、その医師の過去実績などを調べておく事も必要です。クリニックの公式サイトを見れば、医師紹介のページが載っている場合もあります。このような実績や経歴の紹介をしているサイトがある場合、そのクリニックは信用性も高い事がほとんどです。紹介できる実力を持っているからこそのページとも言えるので、事前に良く調査しておくと良いでしょう。

また、口コミに関してもある程度の信用ができます。施術を受けた患者本人による口コミであれば、医師のカウンセリングやクリニックの様子まで事細かに分かります。施術の前後にきちんとした説明があるか、施術後に困った事はなかったかなど、実際に経験した人の情報を参考にするのもリスク回避に繋がります。

クリニックの探し方

クリニック選びは大切です。良いクリニックに出会うことができれば、トラブルもなく出来ますが、問題のあるクリニックだと、かえって二重の埋没法を受けない方が良かったと思うかもしれません。このような苦い思いをしないためにも、クリニックの選び方は、医師の実績だけで選んではいけません。そのほかにもチェックすべき項目がいくつかあります。これらの項目に気をつけていれば、トラブルを回避することができるでしょう。

1、親身に話を聞いてくれるか

最も大切なのは、カウンセリング時に親身になって話を聞いていたかどうか。という点が大切なポイントになります。埋没法手術は、クリニックでも儲けることができるものなので、クリニックによっては儲けるために特化したクリニックがあります。実績があっても、儲かることばかりに力を入れたクリニックで受けた場合、不安になります。そのため、口コミでカウンセリング時の対応も注意深くチェックすべきです。良いクリニックであれば、医師がきちんと話を聞いてくれて、親身に対応してくれたというワードが出てくるはずなのです。

2、安すぎるクリニックはあえて避ける

モニター体験、期間限定で価格が安い場合を除いて、あまりに安い価格で設定されている場合は、受けるべきでないと言えます。いくら安くても、トラブルがある可能性があります。

3、ホームページの作りがしっかりしている

良いクリニックは、ホームページ制作にも力を入れています。ページが味気ないと感じたら注意が必要です。逆に、ホームページに力を入れているクリニックの大多数が大手なので、信頼できると言えるでしょう。ホームページの細かい作りに力を入れているかで判断しても良いです。

まとめ

大阪のクリニックを中心に、二重の埋没法手術が受けられるクリニックをまとめて紹介してきました。プチ整形は誰もが気軽にできるものですが、何も知らずに受けると痛い目にあってしまうこともあるので、今回紹介した様々な点に気をつけて受けるようにしましょう。これらの点に注意しておけば、クリニック選びで失敗することもありません。また、大阪近郊の京都、兵庫、奈良でも大阪同様におすすめクリニックはたくさんあるので、気になる方は、大阪だけに限定するのではなく、関西エリアで検討しても良いかもしれません。

 

大阪府で二重整形が評判の美容外科クリニックはこちら>>

Page Top