美容外科完全ガイド大阪編大阪で人気の美容外科30院を徹底比較

  • 二重整形が評判の大阪の美容外科なび
  • ヒアルロン酸注入が評判の大阪の美容外科なび
  • 脂肪吸引が評判の大阪の美容外科なび
  • 豊胸手術が評判の大阪の美容外科なび
  • しみ・ニキビ跡治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 女性器整形が評判の大阪の美容外科なび
  • わきが治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 医療レーザー脱毛が評判の大阪の美容外科なび
美容外科完全ガイド 大阪編HOME » ぱっちり目元を手に入れる二重整形なび@大阪 » 【番外】優しく柔和な印象になる「グラマラスライン」を解説

【番外】優しく柔和な印象になる「グラマラスライン」を解説

たれ目の人は、おっとりしていて優しいイメージを持たれやすく、つり目の人は近寄りがたくきつい印象を持たれやすいようです。そのため、つり目をたれ目にするだけでがらりとイメージを変えられます。

グラマラスラインはたれ目にできる整形手術であり、埋没法と切開法の2種類から選べます。さらに、二重術やクマやたるみの原因を取り除く手術も同時に行うことで、愛らしい目に仕上がります。

グラマラスラインは理想のたれ目を手に入れられる美容整形

グラマラスラインは下まぶたの外側を下げることで、たれ目を作り出す美容整形です。難しい言い方をすると、下眼瞼下制術(かがんけんかえいじゅつ)、または下眼瞼拡大術といいます。下眼瞼は下まぶたのことです。ここの部分を広げることで、たれ目を作り出します。この手術をすると下まぶたを下げることになるので、目を大きく見せることにもつながります。

グラマラスラインでは、デザインをある程度調整することができます。自然な感じでたれ目にすることもできれば、思いっきり丸く大きな目にすることも可能です。これは下まぶたの下げる位置を調節することが可能だからです。ただたれ目にするだけではなく、愛らしい目にしたいなどの要望にも応えてくれます。

デザインの調整幅は、基本的に

  • 下まぶたをどこまでさげるか
  • 下まぶたのカーブをアイラインのどの位置に置くか

の2つです。

「下まぶたをどこまでさげるか」に関しては骨格の問題もあり、人によって下げられる幅には上限があるものの、元のカーブのまま自然に下まぶたを下げると単純に目が大きくなります。もともと下まぶたが黒目を隠しているタイプの人は、下まぶたを下げるだけでかなり印象が変化するでしょう。

そして、グラマラスラインのポイントになるのが「下まぶたのカーブをどこに置くか」です。

下まぶたのカーブが浅く、目頭から目尻にかけてのラインが直線的だとつり目に見えます。逆に、下まぶたのカーブが強く目頭から目尻にかけて曲線的だとたれ目に見えるのです。

また、黒目の位置より外側にカーブがくるとより優しげなたれ目に見えます。たれ目を強調したい人は、カーブの位置をできるだけ目尻側に寄せるとよいでしょう。

グラマラスラインは目元の印象が大きく変わる美容整形なので、施術前のデザインにはじっくり時間をかけることが大切です。

綾瀬はるかさんのような優しくておっとりした印象に変わる

たれ目になると、優しい雰囲気や癒し系の顔を作り出すことができます。女性であれば、男性が守ってあげたくなるような天然系の顔になります。あくまで一般的なたれ目の印象ではありますが、おっとりしていて控えめ、お人よしという印象を残すのがたれ目です。

分かりやすく芸能人でいうと、たれ目を持っているのは綾瀬はるかさんです。逆につり目でいうと柴咲コウさんです。綾瀬はるかさんのような目になりたい人は、グラマラスラインでその希望を叶えることができます。

手術は気軽にできる埋没法と本格的な切開法の2種類から選べる

手軽にできるグラマラスラインの埋没法

埋没法は気軽にできるタイプのグラマラスラインです。下まぶたの裏側にある結膜に、まず糸を通すための小さな入り口を作ります。そして瞼版とよばれるマツゲの下あたりの部分から、下円蓋部と呼ばれる下まぶたの下部分まで糸で留めます。さらに黒目の外側の部分と下まぶたを一番下げる部分を糸で留めます。合計2カ所を糸で留める手術ですが、裏側を手術するので、傷跡が見えることはありません。[注1]

[注1]日本美容外科学会:美容外科ってどんなもの?

より本格的な切開法も静脈麻酔があるから怖くない

本格的にたれ目にしたいい人は切開法を勧められます。下まぶたをどこまで下げるのかを決めたら、結膜を切開します。眼窩脂肪と腱膜を露出させるために眼窩隔膜を切開し、結膜と腱膜を瞼版に糸を使って固定し、縫い縮めます。余った腱膜や結膜は取り除き、結膜を縫合すれば手術は終了です。

この方法も埋没法と同じで、表から手術跡が見えることはありません。切開というと痛そうに聞こえるかもしれませんが、まぶたの裏側に局所麻酔をするので大丈夫です。眠った状態で手術をしたい人には、静脈麻酔もしてくれます。

どうしても手術が怖い!そんなあなたにはアーモンドアイ

グラマラスラインは、主に埋没法か切開法によってたれ目をつくる施術です。ただ、人によっては「手術がちょっと怖い…」という場合もあるでしょう。そんなとき頼りになるのが「アーモンドアイ」という施術になります。

アーモンドアイとは、下まぶたの部分にボトックス注射をすることで筋肉の働きを弱め、下まぶたのラインをさげてたれ目をつくるという施術です。注射のみでできる施術のため、手術が怖いという人にもおすすめできます。

ただ、あくまでも「注射によって緩やかに下まぶたが下がったたれ目」になるので、グラマラスラインのように好みのたれ目をデザインできるわけではありません。

アーモンドアイという施術名は、施術後、目の形が横向きにしたアーモンドのように見えることからきています。目頭、目尻の両方がつんと尖っていて、上まぶたと下まぶたがどちらもふっくらとしたラインを描いているアーモンドアイは、エキゾチックな魅力のある目です。ちなみに、綾瀬はるかさんは「たれ目+アーモンドアイ」という理想的なタイプ。

「蒙古ひだ」といって、目頭にあるピンク色の部分が隠れている人が多い日本人は、もともと切れ長で細目の人が多いです。アーモンドアイで下まぶたのラインを下げてふっくらさせると、自然なアーモンドアイが手に入る場合も多いですよ。

術後の通院は不要で当日からシャワーを浴びたりお風呂にも入れる

手術後は通院する必要がありませんし、お風呂もシャワーを当日から浴びることができます。目の部分を触ったり濡らさなければ特に変わらない日常生活を送ることができます。メイクは手術をした日はできませんが、次の日から可能です。腫れも長くて1週間程度であり、内出血も2週間経てばもとに戻ります。

グラマラスラインと一緒にできる手術で理想の目に近づける

同時に切れ長で二重の目にもできる

もっとぱっちりとした目になりたいという人は、二重術である埋没法も同時に受けることができます。切れ長で大きな目にしたい人も、目尻切開をグラマラスラインと一緒に受ければ目の印象を一気に変えられます。

目尻切開は、正面から見たときの目の大きさこそあまり変わりませんが、顔を横から見たときの目の大きさを変えられる施術です。目尻がこめかみのほうに移動すると、グラマラスラインで下まぶたを下げたとき白目の部分をより広く見せられるように。単体ではちょっとした違いでも、組み合わせると一気に大きなたれ目を実現することも可能です。

ただ、目尻切開で広げられる白目の大きさは人それぞれです。人によっては目尻の切開がほとんどできない(目尻を切っても赤い粘膜しか見えないので意味がない)場合もあります。必ず医師に相談して施術するかどうかを決めましょう。

クマやたるみの手術も一緒に受けられる

クマやたるみがある人は、切開したときに目の下の脂肪を取り除く手術を同時にできます。今あるクマをなくし、たるみの原因を取り除いておくことで、より理想の魅力的なたれ目にすることが可能です。

ヒアルロン酸の注射でより甘い雰囲気のたれ目にできる

目袋や涙袋と呼ばれる部分が大きいと、より甘い雰囲気のあるたれ目になります。ヒアルロン酸注射なら、手軽に涙袋をつくれます。

さらにたれ目を強調したいという人であれば、ヒアルロン酸注射も一緒に行うのがおすすめです。

グラマラスラインは切れ長・左右差がある・つり目の人におすすめ

グラマラスラインは、

  • 切れ長の目をしている
  • 目の大きさに左右差がある
  • つり目できつい印象をもたれがち

こういった人におすすめです。ただし、当然のことながらもともとたれ目な人がグラマラスラインをしても目は大きく見えません。

グラマラスラインだけで十分理想の目を手に入れることができるのか、その他の方法を組み合わせたほうがよいのかは人によって違います。一度美容外科を訪れてグラマラスラインのデザインをしてもらい、施術するかどうかを決めましょう。

Page Top