美容外科完全ガイド大阪編大阪で人気の美容外科30院を徹底比較

  • 二重整形が評判の大阪の美容外科なび
  • ヒアルロン酸注入が評判の大阪の美容外科なび
  • 脂肪吸引が評判の大阪の美容外科なび
  • 豊胸手術が評判の大阪の美容外科なび
  • しみ・ニキビ跡治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 女性器整形が評判の大阪の美容外科なび
  • わきが治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 医療レーザー脱毛が評判の大阪の美容外科なび

番外:眼瞼下垂

美容外科で受けられる眼瞼下垂治療についてまとめています。眼瞼下垂の特徴、費用相場、大阪で治療を受けた人たちの体験談など。

眼瞼下垂の特徴と治療法・治療費の相場in大阪

美容外科で行う二重整形の中には、似たようなもので「眼瞼下垂の治療」があります。眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がって目が開きにくくなる状態のこと。放っておくと偏頭痛や視力の低下などを引き起こす可能性もあることから、一部のクリニックでは、保険診療で受けることが可能です。

治療法は、挙筋前転法、挙筋短縮法、腱膜移植などさまざま。基本的に術後の流れは、通常の切開手術と同じですが、治療自体はより高度な技術が必要となります。

【施術時間】

  • 30分~3時間ほど

【大阪での治療費相場】

  • 30~50万円
    ※保険適応時は約5万円ほど

【注意点】

  • 術後1週間は腫れが出る可能性がある
  • 抜糸は約5~10日後に可能

【こんな人にオススメ】

  • 上まぶたが重く感じる
  • 目が開きにくく、偏頭痛や肩凝りがある

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、まぶたを持ち上げる役割をもつ筋肉である「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」の筋力が衰えて、十分に目が開かなくなる症状です。生まれつき(先天性)や加齢(後天性)によるもの、病気や外傷により起こるものなど、様々な原因があります。とくにアトピーによる目のかゆみで頻繁にまぶたをこする方や長時間コンタクトレンズを使用している方に発症者が多いそうです。

治療法には、緩んで伸びてしまった挙筋腱膜が本来の長さになるように余分に伸びた部分を折り重ねて縫い付ける挙筋前転法や、たるんでしまっている余分な挙筋腱膜を切ってまぶたを引き上げる挙筋短縮法、太ももやこめかみの筋膜を挙筋が機能していないまぶたに移植する腱膜移植などの切開法があります。どの方法も多かれ少なかれ目に負担がかかる治療です。メリットだけでなくデメリットにも目を向ける必要があります。治療には切開法だけでなく切らない埋没法もあるのでチェックしてみてください。

眼瞼下垂が疑われる方には、黒目の見える部分が少ない方や下まぶたに力が入って涙袋ができてしまう方、上まぶたがへこんだようになる方などがいます。これらの症状が気になる方は1度美容外科などの医療機関で診察を受けてみるといいでしょう。

眼瞼下垂治療の効果

切る手術を行った場合、目の開きを大きくできるのはもちろん皮膚のたるみを取り除くことができ、二重まぶたになれます。手術で切ったところが二重線になるので、一重の方だけでなくもともと二重の方もはっきりとした二重になれるのです。切らない手術では二重まぶたになることはありませんが、眼瞼下垂手術と同時に二重埋没法を行うことで二重を作ることができます。

また、眼瞼下垂が原因となってできる上まぶたのくぼみが改善可能です。上まぶたのくぼみは目の開きが不十分なため、目を開ける時に使用される筋肉が目を開けようとして必要以上に縮み、目がくぼんでしまう症状。眼瞼下垂が原因で発症することが多いそうです。眼瞼下垂治療は片頭痛や肩こりの改善にも効果があるとされています。実際に手術で片頭痛や肩こりが改善された例はありますが、片頭痛や肩こりが総じて眼瞼下垂が原因とは限りませんので注意が必要です。

眼瞼下垂治療のメリット

眼瞼下垂治療のメリットには、治療により目が開きやすくなることが挙げられます。美容クリニックで治療を受けた場合、カウンセリングに時間をかけてから治療を行ってくれるので、まぶたの幅・形などのデザインを自分に合わせて考えてくれるといったメリットも。一重の方は、治療を通して二重になることが可能です。眼瞼下垂症として診断されれば、手術の自己負担額が3割になる健康保険を使って手術を受けることもできますよ。

切る手術の場合

切る手術は切開法と呼ばれており、伸びた挙筋を縫い合わせたり切ったりしてまぶたを上げる治療です。メスで切開すると、まぶたをあげる組織を直接見ながら手術が行えるため成功率の高い治療が行えます。まぶたに強いたるみがある場合は、切る手術を受けることで余分な脂肪を取り除けるといったメリットも。ほぼ確実に二重ができ、二重のタイプを末広型にするか平行型にするのかや、二重の幅を医師と相談して決められます。

切らない手術の場合

「埋没式挙筋短縮法」では切開を行わないので、手術時間が片眼20分ほどと短く済みます。皮膚にメスを入れないため、切る手術より痛みが少なく腫れや内出血もひどくはなりません。手術直後の化粧や外出も気軽に行えます。まぶたを糸で結ぶだけの手術なので、仕上がりが気に入らなかったり不具合が出たりした場合でも元に戻すことが可能です。

眼瞼下垂治療のデメリット

眼瞼下垂治療のデメリットは、どの治療法を選択した場合でも、手術後の結果が予定していたものと違ってくる可能性があること。例えば、まぶたの上がり方や二重まぶたの幅・形、左右の目の大きさなどです。数ヶ月経つと良くなることもあれば、再手術しなければならないことも。切る・切らないに関係なく、ドライアイになりやすいのも特徴です。保険診療で治療を受けた場合、眼瞼下垂の治療のみを行うので、自由診療で受けられるような二重を形成したり、まぶたの幅・形を整えたりする手術はできません。

切る手術の場合

まぶたの皮膚を糸で縫合するため、抜糸をする必要があります。1週間後に抜糸を行うのが一般的です。目の開きを良くする治療を行った場合、完全に目が閉じなくなることも。落ち着くまでに3~6ヶ月ほどかかります。逆に、まぶたが治療前の状態に戻ってしまう場合もありますが、完全に戻るわけではありません。眼瞼下垂の症状が重い方だと後戻りが起こりやすくなります。

切らない手術の場合

切らない眼瞼下垂手術である「埋没式挙筋短縮法」を受けた場合、眼瞼挙筋を結んでもほぼ効果がなく、まぶたの開き具合に変化が見られないことがあります。時間の経過により結んでいた糸が緩み、まぶたの上がり具合が治療前に戻りやすい場合も。仕上げに細かい調整を行えないため、まぶたの仕上がりに左右差が出ることもあります。

副作用・ダウンタイム

腫れのダウンタイムは術後から2~3日がピークで、1週間経つと少し腫れが残るくらいまで落ち着きます。2週間後にはある程度の腫れが引き、完全に目立たなくなるのは3ヶ月後くらいです。内出血は1週間ほどあり、日によってむくみが出ることも。屋内でのデスクワークや買い物は翌日からでも可能ですが、車の運転や運動、営業のような人と対面する仕事は1週間程度控えておくのが無難です。

ダウンタイムが長期化しやすい人の特徴として、男性や目の周りにある筋肉の緊張が強い方、高齢者が挙げられます。

まぶたの周囲にできた傷は数ヶ月でほぼ分からなくなりますが、完全に傷がなくなるわけではありません。まぶたに傷が残るのが気になる方は、治療開始前にしっかりと検討することをおすすめします。

大阪の費用相場

自由診療で眼瞼下垂治療を行った場合の一般的な費用相場は40~50万円ほど。大阪での費用相場は30~50万円程度です。費用は選択した治療法によっても異なり、腱膜移植といった特殊な手術を行うと50~100万円ほどかかります。切らない手術は片目で約20万円と、切る手術よりもリーズナブルに治療可能です。先天性の眼瞼下垂は片目のみのことが多いため、片目だけの治療を選べるクリニックも。保険診療はどの地域でも5万円ほどで受けられます。

治療を受ける際は「自由診療」も視野に入れて

通常の五分の一ほどの治療費で受けられる、眼瞼下垂の保険診療は魅力的ですが、二重の仕上がりに違和感を感じる人も少なくはないようです。

保険適応の手術の場合は、まぶたが垂れ下がらないようにすることが第一の目的。見た目は二の次になるため、不自然に目が大きくなることもあるそうです。

自然な二重にしたい、目の左右差をなくしたい、などの外見的な要素を重視するなら、美容外科での自由診療も視野に入れてみましょう。

大阪で眼瞼下垂治療を体験した人の口コミ

  • リッツ美容外科・自由診療(大阪市北区中津)
    今まで7回もの二重手術を繰り返しましたが、ここで初めて眼瞼下垂治療が必要なことを説明してくれました。先生はとても親切で安心して治療が受けられました。(20代女性)
  • 湘南美容外科クリニック・保険診療可(大阪市北区曽根崎)
    切らない眼瞼下垂の治療をしてもらって、スッピンの時の目の開き方が変わりました。黒目が半分隠れていたのが、よりハッキリして見やすくなりました。(20代女性)
  • つかはらクリニック・保険診療可(大阪市天王寺区悲田院町)
    手術後は腫れがひどくて不安になりましたが、腫れが引くとともに肩凝りや頭痛が楽に感じられました。さすがは評判の良いクリニックだけあります。(40代女性)
  • 恵聖会クリニック京橋院(大阪府大阪市都島区東野田町)
    つり目を優しい目にしたくて、目の整形を考えました。施術をしてから、1か月経ちますが、痛みや引っ張られる感じもまだあります。3か月すると落ち着くようなので、その日を楽しみに…。
  • 恵聖会クリニック京橋院(大阪府大阪市都島区東野田町)
    腫れぼったく、きつい瞼がコンプレックスで処置をうけることに。二重の整形にも色々な方法があるようですが、自分にあった施術を選んでもらえたのだと思います。まだ腫れが引かず、最終的な結果はわかりません。ですが、先生がスムーズで親身に対応してくださり、何かあればまたこちらの先生に診ていただきたいです。

大阪府で二重整形が評判の美容外科クリニックはこちら>>

Page Top