美容外科完全ガイド大阪編大阪で人気の美容外科30院を徹底比較

  • 二重整形が評判の大阪の美容外科なび
  • ヒアルロン酸注入が評判の大阪の美容外科なび
  • 脂肪吸引が評判の大阪の美容外科なび
  • 豊胸手術が評判の大阪の美容外科なび
  • しみ・ニキビ跡治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 女性器整形が評判の大阪の美容外科なび
  • わきが治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 医療レーザー脱毛が評判の大阪の美容外科なび
美容外科完全ガイド 大阪編HOME » ぱっちり目元を手に入れる二重整形なび@大阪

ぱっちり目元を手に入れる二重整形なび@大阪

大阪にある美容外科の中で、特に二重まぶたの整形が得意なクリニックを紹介しています。

二重まぶたの整形で有名な大阪の美容外科

美容整形の定番と言えば二重整形。ほとんどすべての美容外科で、二重のメニューは用意されています。ここでは、二重整形をお考えの皆さんに向けて、3つの観点からおすすめのクリニックを紹介しています。

  • 良いクリニックの条件とは

    二重デザインの美的センスが高いクリニック

    二重整形を受けることになると、どこで受けても同じようになるとは限りません。病気や怪我と同じように、担当する病院や医師によりアプローチ方法や得意分野が異なります。特に整形手術というのは、言い方は悪くなってしまいますが一つの美術品の欠陥を修復して美しい作品に変えていくといった感じです。そのことからそれを行う医師の技術と美的センスはとても重要になります。もしセンスがない医師に当たってしまうと、二重の作り込みは上手くいっても綺麗に二重のラインが出なかったり、逆にラインが出すぎてしまうことや目が開きにくくなってしまうなどの不具合も。せっかく美しくなるために整形手術を受けるのだから、美的センスがある医師に是非、お願いしたいものですね。

    保証期間が長いクリニック

    二重整形の中でも最も人気の「埋没法」は永久的ではなく、数年でもとに戻ってしまいます。不安な人は、長期間の保証期間を設定しているクリニックを選びましょう。ただし、何度も埋没法を繰り返すのはお勧めできません。埋没法のやり直しは2回までを限度とし、それ以後は切開法などの治療を選びましょう。

    他院修正に定評のあるクリニック

    一度二重整形を受けたけど、気に入らないから別のクリニックで受け直したい…というのもよくある話。しかし他院修正は苦手としているクリニックも多いのです。他院修正を希望する場合は、他院修正の症例が多いクリニックを選びましょう。あなたの目に本当に合った施術が見つかるかもしれません。

大阪で二重デザインの美的センスが高いクリニック

表参道スキンクリニック大阪院(旧:ワイエススキンケアクリニック)

  • 所在地表参道スキンクリニック大阪院のHP大阪市北区曽根崎新地1-3-26 ぐらんぱれビル5F
  • アクセス西梅田駅すぐ、JR大阪駅より徒歩6分
  • 診療時間火・水・金・土 12:00~19:00/日曜・祝日 10:00~17:30 ※月・木曜休診

詳細はこちら

埋没法の
特徴
価格:両目二点止め 18,000円
表参道スキンクリニック大阪院が行なっている二重の整形術は、諸外国のトップクリニックと技術提携しているもの。学術的に認められた、確かな技術を持つ経験豊富なスペシャリストが、理想の二重に仕上げてくれます。
美しく自然な二重施術として有名。さらに2ヶ月間の保証もあり安心です。
仕上がりの
美しさ
1時間以上かけるという丁寧なカウンセリングにより、理想の二重ラインを決定。手術中も幅やラインを確認しながら行なうため、より希望に沿った二重を実現できます。
その仕上がりが評判を呼び、タレントのKABAちゃんも、こちらの名古屋院で二重整形をしたのだとか。
表参道スキンクリニックの特徴

表参道スキンクリニックはカウンセリングの時間をしっかり取り、患者さんの不安や理想をじっくり聞いた上で、満足度の高い二重を作ってくれます。

実際に手術を受けた人からの評価が高いので、その口コミを聞いた友人知人など、横のつながりで来院する人も多いです。

うまみ美容外科

  • うまみ美容外科のHP所在地大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル3F
  • アクセス西梅田駅より徒歩3分、北新地駅より徒歩3分
  • 診療時間10:00~19:00

詳細はこちら

埋没法の
特徴
価格:58,000円
点眼麻酔の後、まぶたの表面と裏側にそれぞれ麻酔を施し、極細の特殊な意図で縫い合わせていきます。一重や奥二重といった悩みの他、まぶたのたるみで目が小さくなってしまっている場合にも、埋没法ですっきりとした二重を作ることが可能です。
仕上がりの
美しさ
カウンセリングを重視しており、手術時間よりカウンセリングが長いことも多いというクリニック。患者が納得のいくまで完成イメージについて話し合い、施術にうつるため、施術後に「イメージと違う!」ということは起こりにくいでしょう。
うまみ美容外科の特徴

「患者さんとの信頼関係を大切にする」ことをモットーに、カウンセリングから手術まですべてに満足してもらえるよう日々尽力しているクリニックです。

メールカウンセリングでは院長が直接相談に乗ってくれるので、不安を感じることは一切ありません。

ポイント制を導入していて、貯まったポイントを施術に利用できるのも魅力。

大阪で保証期間が長いクリニック

大阪雅美容外科

  • 大阪雅美容外科のHP所在地大阪市中央区西心斎橋2-1-25 心斎橋W-PLACE 3F
  • アクセス心斎橋駅より徒歩4分、四ツ橋駅より徒歩5分
  • 診療時間10:00~19:00

詳細はこちら

埋没法の
特徴
価格:65,000円
1年保証・3年保証のメニューに加えて、「埋没法 永久保証」(95,000円)を用意。施術から何年後であっても、二重のラインが取れた際は再施術を受けることができるため、安心です。
仕上がりの
美しさ
従来の埋没法に様々な改良を重ね、腫れを最小限に抑えてくれます。職場や学校でばれたくないという人にはオススメです。

大阪で他院修正に定評のあるクリニック

ヴェリテクリニック

  • ヴェリテクリニックのHP所在地大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル18F
  • アクセス北新地駅より徒歩5分、梅田駅より徒歩7分
  • 診療時間10:00~19:00

詳細はこちら

埋没法の
特徴
価格:80,000円
通常の「●点留」という点固定法ではなく、「ループ固定」を採用。1本の糸をループ状にし、線の形で固定する方法です。従来より取れにくく、安定した二重のラインを形成することができます。
仕上がりの
美しさ
二重整形では様々な術式が用意されているため、患者一人ひとりが理想とするデザインに細かく対応することが可能です。他院で失敗してしまった二重修正の症例が多いのも同院の特徴。
ヴェリテクリニックの特徴

丁寧にカウンセリングをした上で、無理な営業を進めるのではなく、患者さんが受けたいと思ったときに連絡をするシステムは、美容整形に抵抗のある患者さんに安心感を与えてくれます。

いくつかのクリニックでカウンセリングを受けて、最終的にヴェリテクリニックを選ぶという人も多いようです。

Kunoクリニック

  • Kunoクリニック所在地大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル2F
  • アクセス東梅田駅より徒歩3分、大阪駅より徒歩6分
  • 診療時間9:00~21:00

詳細はこちら

埋没法の
特徴
価格:60,000円
「埋没瞼板法」という施術法を採用。マニー社製の切れにくい極細糸を用い、2箇所、または4箇所を止めていきます。
仕上がりの
美しさ
埋没法の他、「新挙筋法」や「部分切開」も得意。「全切開は必要ない」という考えの元、できる限り切らない方法で理想の目元へ近づけてくれます。他院修正も積極的に手掛けるクリニックです。
Kunoクリニックの特徴

外見のコンプレックスを解消し、光り輝く毎日を過ごすお手伝いをしてくれるKunoクリニック。

多くの人が美容整形に対する考えが変わったと喜びの声を挙げています。

二重以外の施術にも定評があるので、継続してほかの施術で通う人も多いです。


二重整形の費用が安い大阪のクリニックランキング

上記のように名医と呼ばれる医師から整形手術を受けたいけど、費用がない…… と思っている人もいるでしょう。

整形手術というのは大半が保険適用外になってしまうため、費用面の負担が手術内容と同じように悩みの種となってしまいます。

とくに若年層の方は、整形手術にかかる高額な費用を用意するのはなかなか難しく、「技術力」以上に「安さ」というのもクリニックを選択する上で重要な事柄です。

そこで「二重整形をしたいけど、費用が気になるし、少し怖い」とい方には、技術力は二の次のクリニック選択よりも、技術を重視しながらも二重整形自体のアプローチ方法を安価なもの、いわゆる埋没法を使ったプチ整形をおすすめします。

特殊ナイロンを使用した埋没法で、定期検診やアフターフォローが充実した表参道スキンクリニック大阪院をはじめ、バーチャルスティックを使用した二重ラインのシュミレーションカウンセリングが好評の品川美容外科など、医療技術が高く、評判のいい格安クリニックをランキング形式で5つご紹介します。

効果がはっきりと身をもって実感できるような、信頼できるお医者さんがいて、立地も家から近い方がいい。でも費用も気になるというのが本音ですよね。大阪には、表参道スキンクリニック、品川美容外科、湘南美容外科、恵聖会クリニック、大阪雅美容外科、など費用が安く済むクリニックも多数あります。

表参道スキンクリニック大阪院 西梅田駅すぐ、大阪より徒歩6分ほか
品川美容外科 【梅田院】
北新地駅・阪急梅田駅より徒歩5分ほか
湘南美容外科 【大阪梅田院】
阪神梅田駅より徒歩2分ほか
【大阪東梅田院】
東梅田駅から徒歩1分ほか
恵聖会クリニック 京阪京橋駅より徒歩1分ほか
大阪雅美美容外科 御堂筋線心斎橋駅より徒歩4分

名医特集in大阪

二重整形は施術をした医師の技術力によって出来映えに大きな差が出ます。理想の二重を手に入れるには、まずは名医を探すところから始まるのです。

そこで、美容外科学会に所属する大阪の名医を4人ご紹介します。

  • 30年以上の豊富な施術経験を持つ西 雄二先生(表参道スキンクリニック大阪院)
  • 地域密着型クリニックで高いリピート率を誇る川端 久雅先生(大阪雅美容外科)
  • アンチエイジングの分野に強い衣笠 哲雄先生(きぬがさクリニック大阪院)
  • 形成外科医としての経験豊富な塚原 孝浩先生(つかはら美容外科形成外科クリニック)

費用面を気にして失敗はしたくない。せっかくやるなら腕のある医師にやってもらいたい。そんな方は、病院名で選ぶというよりは、在籍するお医者さんを調べて、そこのクリニックで施術することをオススメします。

実際に整形を受ける人は年齢に縛られない

年齢別にみる美容整形・医療を希望する割合

女性であれば、若い人が美容整形を受けるというイメージが強いかもしれませんが、実は年齢層が高くても割合的には若い人と同程度の人が、美容医療を受けたいと思っています。

もっと高齢の人でも堂々と美容整形を受けられるような時代になっているので、遠慮する必要はありません。確かに若い人の方が割合的には多いですが、高齢の方でも受けたいという思いは変わりません。

美容整形・美容医療の希望者の世代別割合(女性)

年代:前半割合:後半割合

  • 20歳代:37%:47.2%
  • 30歳代:38.2%:35%
  • 40歳代:22.3%:34%
  • 50歳代:25.2%:26.4%
  • 60歳代:21.4%(前半後半)

参考:『社会学からひもとく美容整形と美容医療』谷本奈穂

最短15分の施術で瞳美人に!二重の整形メニュー

数ある美容外科治療の中で、一番の人気を誇るのが、二重まぶたの整形治療です。糸を使ったかんたんなプチ整形なら、施術時間は15分ほど。リスクも腫れも少ない方法で、見違えるような瞳美人になれるのが人気の理由です。

二重まぶた整形の種類と特徴

二重まぶたにする方法は、大きく3つの方法に分けることができます。

埋没法
施術時間:15分/オススメ度:★★★

  • 術後2日目からメイクができるかんたん治療法。
  • ごくまれに元に戻ってしまうことがある。
  • 末広がりの自然な二重を作りたい人におすすめ。

切開法
施術時間:60分/オススメ度:★★☆

  • 一度手術をすると永久的に二重をキープできる。
  • 治療後1週間ほどは強い腫れが出る可能性がある。
  • まぶたの皮膚が厚い人、くっきり二重を希望する人向き。

脂肪除去
施術時間:40分/オススメ度:★☆☆

  • 上まぶたがむくみやすい人におすすめの施術。
  • 切開は数ミリ程度なので腫れはやや少なめ。
  • 脂肪を取り過ぎると老けて見える可能性も。

以上の3手術となりますが、さらに詳しい手術方法の掲載とその他の目元整形の手術のアプローチ方法を紹介していきます。

埋没法

まぶたに糸を埋め込むことで二重を作る手術方法で、いわゆる「プチ整形」と言われているものです。埋没法のメリットは、メスを入れないため、術後のダウンタイムが少なく、周囲にバレにくいところでしょう。

埋没法の施術時間はおよそ10〜15分ほどで、大阪での費用相場は5〜10万円くらいになります。

埋没法に半永久的な効果はなく、手術から3〜5年すると糸で固定したラインが下がって二重の幅が狭くなったり、場合によっては糸が切れたり解けたりしてしまうことで、まぶたが元の状態に戻ってしまいます。

二重にしたいけど、親からもらった顔に傷を入れるのに抵抗がある。二重にするだけならいいけど、整形手術というほど大ごとにはしたいくない。そんな方は埋没法というのがオススメです。メスを入れないので気軽にできる手術の手法の一つで、プチ整形としてカジュアルに行うことができます。

またこの埋没法には主に2種類のアプローチの仕方があります。

瞼板法(けんばんほう)

まぶたの開閉を行う組織としての役割を持っているのが、瞼板法という皮下組織になります。

その瞼板を上記で紹介したような糸で留め、強制的に2重を作って留めておくという方法です。

まぶたの重さの度合いにもよりますが一箇所留めからのアプローチが可能で、簡単に手術が受けられるのとコストが安価なのがメリットと言えます。

しかし糸の結び目がまぶたの裏側にきてしまうので、目の違和感・眼球を傷つける・角膜を傷つける・糸のテンションが緩む・糸が切れてしまうといったような事例も報告されており、技術力が高いクリニックでなければリスクが高くなってしまいます。

挙筋法(きょきんほう)

まぶたを開閉する瞼板の上部に隣接している挙筋腱膜という、まぶたを開閉する筋肉に糸を通して二重を作り固定していくという方法です。

挙筋腱膜に糸を通しておくことにより、目への違和感・眼球が傷つく・角膜が傷つくといったようなリスクがなくなります。

二重が元に戻ってしまうといったリスクも瞼板法よりも低くなり、瞼板法から進化した手術方法と言えます。

しかしその分、さらに高度な技術力が要求され、こちらもより技術力が高いクリニックの選択が重要になります。

切開法

まぶたを切開した上で不要な脂肪を取り除き、縫い合わせる施術方法です。10ミリほど切開する部分切開法と、20〜30ミリ程度切開する全切開法があります。全切開法では、より人形のようなくっきりとした二重になれます。一度手術すれば半永久的に二重をキープできることから、まぶたが厚く埋没法ではすぐに元に戻ってしまう人にもおすすめです。

全切開法のデメリットとしては、メスを入れてまぶたを切開するためやり直しがきかないこと、手術時間は40〜60分かかり、術後も強い腫れが1週間以上続く場合があることが挙げられます。大阪での費用相場は25〜30万円です。

せっかく二重にするなら、効果がある程度見えたいし、自分はかなりの一重で、人から目つきが悪いとか、機嫌悪いように言われて、人生を損していた気がする。そんな人は切開法がオススメです、効果が見えやすく、しっかりと二重を手に入れることができます。

マイクロ切開法(部分切開法)

切開範囲を10〜20ミリ前後と少なくすることで体の負担を軽減させる施術方法です。通常の切開法と比べ手術時間が短く(およそ30分前後)、術後の腫れや痛みも少ないところがメリット。大阪での費用相場は30万前後です。

マイクロ切開法は医師の技術力に左右される施術のため、クリニックを慎重に選ぶ必要があります。また、施術前のカウンセリングはしっかり行っておきましょう。

場合によっては全切開よりも傷口が目立ってしまったり、二重のラインに違和感が生じてしまうといったことがあります。

切開法という二重にするための手術の中でも、マイクロ切開法という手法があります。二重にするために切開をするにあたって、W法、Z法などがありますが、マイクロ切開法が今オススメの方法です。

目頭切開法(部分切開法)

目頭切開法とは文字通り目頭にメスを入れるというものです。

目尻のヒダを切開することによって目を大きく見せる効果があり、パッチリとした目元の印象を与えることができます。

切開幅は数ミリ程度と抑えることができますが、この数ミリを切開することによって目元印象が大きく変わってしまう手術なのです。

目尻切開法(部分切開法)

目尻切開法とは文字通り目尻にメスを入れるというものです。

目頭切開することによって、キツイ印象を与えてしまうような目の状態から、優しい印象を与えられるような目元に変化させていきます。

こちらも目を大きく見せることができる他、目を横に広げられる効果があります。

脂肪除去

脂肪除去とは、上まぶたを数ミリ切開し、ピンセットを使って脂肪を少しずつ除去する施術方法で、別名「上瞼脱脂」とも呼ばれています。すっきりとした目もとになるため、まぶたが腫れぼったい人や浮腫みやすい人におすすめです。

ほとんどの場合は埋没法や切開法と並行して施されます。

施術時間は40〜60分ほどで、大阪での費用相場は10万〜15万円程度になります。

脂肪を除去しすぎるとまぶたが必要以上にくぼんでしまい、たるみの原因になります。施術前によくカウンセリングしておきましょう。

マイクロ切開法や埋没法など二重手術には様々な手法がありますが、脂肪除去と言って、まぶたの脂肪を取り除くことで視界がクリアになります。効果も見えやすい方法でオススメです。

また上まぶたの脂肪が目立ってしまっている方は、やる気がなさそうな印象を持たれ、下まぶたの脂肪が目立ってしまっている方は、疲れているような印象を与えてしまいます。

これを共通させるとつまり老けて見られてしまうということになります。

実際、まぶたに脂肪がたまってしまう原因は老化です。

皮膚の水分量が年とともに減少し、それにあたり筋力も低下してしまうので皮膚を持ち上げることができなくなり、結果的に皮膚が垂れ下がりまぶたの脂肪が目立ってしまうのです。

この観点からも脂肪除去を行えば接する人たちの印象も良くなり、若返り効果が期待できるのです。

番外:眼瞼下垂

美容外科で行う二重手術のなかには、上瞼まぶたが腫れて上がり目が開きにくくなってしまう状態「眼瞼下垂」の治療があります。

治療法には通常の切開法と同じくまぶたを切る方法と、メスを入れずにまぶたを糸で結ぶだけの「埋没式挙筋短縮法」などがあります。

施術時間は治療法によって異なりますが、およそ30分〜3時間程度です。大阪での治療相場は30〜50万円ほどで、保険が適応された場合は5万円程度です。

眼瞼下垂は生まれつきの場合や、後天性場合でも一括りにされます。

原因として考えられるのが、眼瞼挙筋の筋力が弱いことや挙筋腱膜の異常が考えられます。

そのことから筋肉や神経の異常という見解が強く、病気として捉えられているのです。

また眼瞼下垂は偏頭痛や視力低下の原因にもなるため、保険診療が可能なクリニックもあります。

眼瞼下垂は、通常の二重手術とは少し毛色が違い、場合によっては保険の適応になり、健康保険を使用して、何割かの負担で手術もできてしまいます。これは、上まぶたが垂れて目が開きにくいという方が手術の適応となります。

このような症状でお悩みの方は、自費でも手術になってしまうと莫大な費用がかかってしまうので、一度クリニックで相談をしておくのがオススメです。

二重整形Q&A

費用相場

大阪エリアで二重整形をするときの費用相場は、一般的な費用相場同様6万円〜50万円前後となり、二重整形の施術方法によってかかる費用は大きく変わります。

埋没法は6万円前後、切開法は25万円前後、眼瞼下垂手術は30~50万円前後(保険適用外の場合)です。

二重整形に保険が適用されるかどうかは、その施術が「病気や怪我を治療する手段であるかどうか」にあるため、その判断については、クリニックに直接問い合わせる必要があります。

二重手術も様々な方法があり、それによって費用も違います。数万円から済むプチ整形から、しっかりとした本格派であれば、数十万円ほどします。ある程度相場は理解した上で、施術するクリニックを選びましょう。

ダウンタイム

美容整形の中でも手軽に行える整形として人気の高い二重整形ですが、手術後のダウンタイムが心配だという人は少なくありません。

術後のダウンタイムは施術方法によって異なりますが、埋没法の場合、1週間前後で腫れが収まると言われています。

切開法は埋没法に比べ術後のダウンタイムに個人差がありますが、部分切開は1週間ほどで腫れが収まり、1ヶ月もするとくっきりとした二重になると言われています。全切開法では3日前後の強い腫れののち、1週間〜2週間ほどで腫れが落ち着いてくることが多いようですが、人によっては赤みや腫れぼったさが1年近く続くこともあるようです。自分のライフスタイルに合った手術方法を選択しましょう。

手術をしたらすぐ、日常生活に戻れる訳ではありません。手術をした後、数日ほど腫れなどが残ることがあります。この期間をダウンタイムといい、この間に周囲にばれたくない人は、計算して、この期間は人前に出ないなどを実行すると良いでしょう。

ダウンタイム後にとるべき行動

ダウンタイムが術後あるのは仕方がないことですがこの期間、自分の行動には十分注意しなければなりません。

この時の行動が原因で、ダウンタイムが長期化してしまうことも。そこでダウンタイムの注意事項を紹介していきます。

アルコールやタバコはなるべく控える

アルコールやタバコを普段から嗜むという方はダウンタイム時、控えた方が良いですね。

アルコール飲み過ぎは血行が必要以上に良くなってしまうのと、目元の痛みや浮腫に繋がる恐れがあります。

傷口や腫れが収まるまでは、控えるというより飲まないという選択肢を。

タバコに関してもなるべく控えた方が良いと思います。タバコというのは体内に取り込むと血管が収縮して血行が悪くなってしまいます。

血行が悪くなってしまうと、傷の治りも遅くなってしまうのでダウンタイムが長引く恐れも。

ダウンタイムを早く終わらせたいと思うのであれば、この期間は禁煙をしておいた方が無難です。

激しい運動は避ける

ダウンタイム時は傷や腫れが目立つので、外に出る人は少ないと思いますが、その期間激しい運動をしてしまうと目に負担をかけてしまうことになってしまいます。

わかりやすく例を挙げていくと、フットサルや自分を追い込むようハードな筋トレなど汗を大量に各スポーツは避けてください。

逆に適度な散歩やストレッチなどは、血流を適度に促し老廃物を体外に出しやすくなるのでダウンタイムを短縮する可能性があります。 ダウンタイムを短くする上では、適度な血流を促進することが大切なのです。

湯船に浸かるのはなるべく避けたいところ

衛生面を考えるとお風呂には入っておきたいところですが、湯船に浸かることはダウンタイム時、極力避けたいところ。

傷口からの感染症対策は、術後処方される薬で対応ができるのでその点は心配しなくても大丈夫です。

そのことよりも湯船に浸かってしまうとこれもまた血行を促進しすぎてしまうので、目の腫れが収まりにくくなってしまいます。

どうしても衛生面が気になるのならば、シャワーのみでお風呂を済ませるようにしておきましょう。

しかしその際は、ぬるま湯程度で対応しておきたいところですね。

美容整形を受ける理由は?

二重まぶた

実際に美容整形や美容医療を受けた人は、外見を整える理由でもあったように、「自分が心地いいから」という理由を答える人が一番多いという調査結果が出ています。他者のためでも社会のためでもなく、自分がきれいになることによって得られる心地よさを重視しているということです。

意外に思うかもしれませんが、仕事や結婚のためなど特別な理由がなくても美容整形を受けている人は多く、普段の生活をもっと豊かにするために気軽に美容整形を受けられる時代なのです。

自己満足のために受けても良いでしょう。「いくつになったって、美しくありたい」と願う女性の希望を叶えるのが美容整形です。

一重を二重にする手術をした人が挙げた美容整形を受けた理由の中で多く語られたのは、アイシャドウを楽しみたいという理由だそうです。誰でも化粧を楽しみたいという理由で美容整形を受けてもいいのです。

二重整形ってばれる?

二重整形は周囲にばれてしまう主な原因は、「術後の腫れや内出血」、「見た目の変化が激しい」、「術後の傷跡」の3つです。

二重整形をした人の口コミの中にも、「自分はばれていないと思っているけど、周りが気付いてないフリをしているだけかも」という意見があります。

どうしてもバレたくない場合は、二重のデザインや施術日をよく考え、メイクやメガネなどで腫れを隠すなどの工夫が必要です。

術後の傷跡は乾燥や刺激から極力守り、軟膏などを塗って保護しておきましょう。

新しく会う人には元から二重です。と堂々と顔を見せつければ良いのですが、以前から知っている人に二重をさりげなく印象付けたいというのはあると思います。手術痕などは残りやすいのか、手術方法によっても違うので、事前に調べておきましょう。

メンズの二重整形

最近人気のメンズの二重整形ですが、成功へのポイントは「理想の二重」を具体的にイメージしておくことです。

人気の高い末広タイプ、ハーフのような印象を与える平行タイプ、さりげなく目ヂカラをアップできる奥二重タイプなど、自分の理想を具体的に伝えたうえで、クリニックの医師と二重のラインや幅、施術方法などを相談しながら決めていきます。

男性も化粧をしたり、外見にこだわることは何も恥ずかしいことではありません。今では一重が周囲に印象を悪く思われるケースもありますので、就職活動などを契機に印象を良くするために二重にする男性も増えてきています。

駅別おすすめ二重整形クリニック

梅田の二重整形おすすめクリニック

梅田は大阪の中でも特に美容クリニックが多いことで有名です。新幹線の大阪駅も近く、ミナミエリアと違ってキタエリアはオフィス街も隣接しており、スタイリッシュな雰囲気があります。その中でも二重整形におすすめのクリニックをピックアップし、基本情報のほか、クリニックの特徴やおすすめポイントなどを掲載しています。

表参道スキンクリニック大阪院 JR大阪駅より徒歩6分ほか
品川美容外科 JR大阪駅より徒歩約7分ほか
湘南美容外科 JR大阪駅より徒歩3分ほか
あさひ美容外科 地下鉄各線梅田駅より徒歩5分ほか
城本クリニック 大阪市営地下鉄梅田駅より徒歩3分ほか
kunoクリニック 谷町線東梅田駅より徒歩3分ほか
ヴェリテクリニック JR北新地駅より徒歩5分ほか
ジョウクリニック JR北新地駅より徒歩1分
高須クリニック JR大阪駅より徒歩5分
アサミ美容外科 JR大阪駅より徒歩3分

以上ここまでは様々な観点からオススメの美容整形外科を紹介させてもらいました。

共通して言えることは技術力が高く、美的センスのある医師から手術を受けたいというのは、どのような境遇の人も同じことなのです。

しかしそのためには、高額な出費が予想され、費用面での悩みは尽きないですよね?

そこで費用面でお悩みの方は技術力の高さを捨てて安価なものに飛びつくよりも、技術力は重視したまま安価な手術方法に切り替えて手術に望みましょう。

自分の体に手を加えるわけですから、自分が危ないと思うリスクは避けなければなりません。

そのためには、技術力とセンスを重視した上で自分のお財布にあった手術方法を選択していきましょう。

Page Top