美容外科完全ガイド大阪編大阪で人気の美容外科30院を徹底比較

  • 二重整形が評判の大阪の美容外科なび
  • ヒアルロン酸注入が評判の大阪の美容外科なび
  • 脂肪吸引が評判の大阪の美容外科なび
  • 豊胸手術が評判の大阪の美容外科なび
  • しみ・ニキビ跡治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 女性器整形が評判の大阪の美容外科なび
  • わきが治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 医療レーザー脱毛が評判の大阪の美容外科なび

痛み・ダウンタイム

美容外科で行っている女性器の整形。施術中の傷みや、術後のダウンタイムの気になる詳細を調べてみました。

女性器の整形に痛み・ダウンタイムはあるの?

美容外科での女性器の整形をする理由としては、コンプレックスのほか、スポーツなどで起こる摩擦・衝撃や、衣服の擦れによる傷みが原因。1回の施術で改善が見られるので、効果に満足している方も多いようです。
基本的に女性器の整形には、メスを使用します。多くの施術が静脈麻酔や局所麻酔で行う、日帰り手術。翌日からは、シャワートイレの洗浄とシャワーができます。この施術は、傷跡が目立たなくなるほか、ダウンタイムが短かく、傷跡も残りません。

施術中は麻酔を行うようですが、本当に傷くないのでしょうか?気になる痛み・ダウンタイムについて調べてみました。

施術の痛み・ダウンタイムについて

小陰唇縮小手術

  • 施術中の痛み

小陰唇縮小手術では、小陰唇の余分な箇所をメスで切り取ります。
施術は、静脈麻酔が基本。施術中に痛みを感じることは無いですが、心配な方には局所麻酔や麻酔クリームの使用を提案してくれるクリニックもあります。

  • ダウンタイム

クリニックによっては痛み止めを処方してくれます。術後の痛みには個人差があり、中には「痛み止めを全く飲まなかった」という方もいます。術後は多少の出血があるため、生理用ナプキンを使いましょう。また、血腫で腫れる場合がありますが、止血を行えば予防できます。
傷は、約1ヶ月で目立たなくなります。仕事は翌日からOK。激しい運動は1ヶ月経ってから行いましょう。

小陰唇縮小術は傷の治りが比較的早いです。再診や通院する必要はありませんが、クリニックによっては定期健診を行ってくれる所もあります。

大陰唇縮小術

  • 施術中の痛み

大陰唇縮小術では大陰唇の皮膚や、一部の余分な箇所を切除し、縫い合わせます。
施術は静脈麻酔で行うので、痛みを感じません。痛みに弱い方には局所麻酔を行います。

  • ダウンタイム

施術では、最新の高周波メスを使用することも多く、術後に痛みを感じることはほとんどありません。
そのため、クリニックの痛み止めの薬を使わない方もいます。術後、約1週間は多少出血するので、生理用ナプキンで対応して下さい。
翌日から仕事に復帰でき、軽運動は約2週間後から可能。激しい運動は約1ヶ月後から行なえます。

術後は、炎症により局部が硬く、少しツッパった感じがしますが、時間の経過と共に解消されます。腫れは、約7~10日掛けて徐々に引いてきます。
内出血が出現することもありますが、1~2週間で消失します。傷口は、お風呂でかさぶたがふやけた時のような状態になることもありますが、2~3週間すると改善されます。
大陰唇縮小は、約半年で完治します。

膣縮小術

  • 施術中の痛み

膣縮小術は、収縮したり断裂した筋肉を溶ける糸で縫い合わせて修復し、膣を縮める施術法です。
施術では、点滴による静脈麻酔を行います。静脈麻酔は、眠ったまま行うので無痛麻酔とも呼ばれています。そのため、痛みが苦手な方でも安心して行えるのです。

  • ダウンタイム

術後は、麻酔が切れると少し痛みを感じることも。当日は、クリニックでの痛み止めを服用して安静に過ごしましょう。
また、多少の出血が約1週間あるため、ガーゼや生理用ナプキンを使うようにして下さい。

翌日からシャワー、通勤が可能。1週間後から湯船の入浴、飲酒、運動ができます。性行為は1ヶ月控えましょう。
施術内容によっては1週間後、抜糸する必要があります。

処女膜再生術

  • 施術中の痛み

処女膜再生術は、処女膜の一部を切って再び縫い直し、処女膜を再生させる施術法です。施術は静脈麻酔、または局所麻酔で行います。局所麻酔だと約15分で終了します。
また、注射が苦手な方には、吸入麻酔を行ってくれるクリニックもあります。

  • ダウンタイム

術後の痛みはほとんどありません。しかし、手術当日は血が少し滲むことも。その場合は、生理用ナプキンで対応しましょう。
シャワーは当日から可能です。入浴は1週間後、運動は2週間後からできます。性交渉は1ヶ月控えるようにしましょう。

クリトリス包茎手術

  • 施術中の痛み

クリトリス包茎手術の施術では、クリトリス包皮を部分的に切除し、適度に露出させていきます。
施術は静脈麻酔で行うため、痛みを感じません。痛みが心配な方には、局所麻酔で行う場合もあります。

  • ダウンタイム

術後は、まれに内出血が生じることもありますが、約1~2週間で消失します。また、局部は炎症で硬く、少しツッパります。しかし、時間の経過と共に解消されて1~2ヶ月すると傷口も目立ちにくくなります。

個人差はありますが、大きな腫れは約10~14日、浮腫みは約2~3週間掛けて改善されます。クリトリスの包茎は、半年掛けて解消されていきます。

Page Top