美容外科完全ガイド大阪編大阪で人気の美容外科30院を徹底比較

  • 二重整形が評判の大阪の美容外科なび
  • ヒアルロン酸注入が評判の大阪の美容外科なび
  • 脂肪吸引が評判の大阪の美容外科なび
  • 豊胸手術が評判の大阪の美容外科なび
  • しみ・ニキビ跡治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 女性器整形が評判の大阪の美容外科なび
  • わきが治療が評判の大阪の美容外科なび
  • 医療レーザー脱毛が評判の大阪の美容外科なび
美容外科完全ガイド 大阪編HOME » グラマラスなバストを目指す豊胸手術なび@大阪 » 豊胸施術をするときに注意!実際にあるトラブル例を紹介

豊胸施術をするときに注意!実際にあるトラブル例を紹介

胸が小さいことにコンプレックスを持ち豊胸手術を受ける人が大阪でも多く見られますが、実際に豊胸手術を受けた後に様々なトラブルに見舞われるケースも増えてきています。もしも大阪で豊胸手術を検討しているのであれば、様々なトラブルが起こるリスクを承知したうえで受ける必要があるでしょう。

バストに挿入したバッグがずれる!?

女性のバストの正面アップ

大阪で豊胸手術を受ける際に起こりえるトラブルとして、せっかく豊胸手術で胸を大きくしたのに、入れたシリコンバックがずれてしまうというケースが聞かれます。

豊胸手術で胸を大きくするためには様々な方法がありますが、確実にバストアップしたいという人におすすめなのがシリコンバッグを用いた豊胸手術です。体形や希望によって挿入位置は変わり、最も多く用いられている方法が大胸筋と乳腺の間にある筋肉をはがして挿入する方法です。また乳腺と大胸筋の間に挿入する方法もあり、こちらの場合には筋肉をはがす必要がないので最もリスクや痛みが少なくてすむ方法と言えます。その他にも大胸筋と呼ばれる胸の筋肉をはがして、その下にバッグを入れる方法もあります。

挿入する部位にもいくつかの種類があることがわかりましたが、特に多く聞かれる事例がバッグが上にあがってきてしまうケースで、これは大胸筋の筋肉をはがしてその下にシリコンバックを入れる方法を用いた際によく見られるトラブル例です。この方法を用いた場合には大胸筋がバッグを押さえ付けてしまうことになるのでだんだん上にあがってくるといわれ、胸の上の方が膨らんでしまい不自然な形になります。また中には片方のバストだけシリコンバッグが上がってきてしまったという人や両方とも上がってしまう人など様々です。

もともとバストが大きい、垂れている人が大胸筋の下にシリコンバッグを入れる方法を用いた場合には、バストの上の方だけが膨らんでまるで鏡餅のような形になってしまうケースも見られます。

もしもシリコンバッグの位置がずれてしまった場合には、シリコンバッグを抜き取る手術により修正することが可能です。元のバストに戻すことができますが、バッグが入っていた部分の皮膚がたるんだり、持ち上げられていたバストが癒着したりするなどのリスクも考えられます。

筋肉痛のような激痛があるって本当?

多くの人が大阪で豊胸手術を受ける際に心配することとして、激痛を伴うのではないかということが挙げられます。豊胸手術には様々な方法があり、どの方法がどれぐらいの痛みを伴うのかは最も気になる部分だと思いますが、痛みの感じ方は手術を受ける人がどれだけ痛みに強いのか、個人の皮膚や脂肪の厚さによっても個人差が見られます。

豊胸手術の中で人工乳腺法とよばれる方法は、シリコンバッグを体内に入れるもっとも有名な豊胸手術です。挿入する位置を決めて切開しシリコンバッグを入れて縫合する方法ですが、この方法は切開するため痛みを伴い、手術中はもちろんのこと術後もかなりの痛みを伴うことになるでしょう。さらに大胸筋をはがしてその下にシリコンバッグを入れる方法は、筋肉をはがすことになるのでさらに強い痛みを伴います。皮膚を切開するときの痛みと、さらには異物を入れる痛みも伴い、手術中には麻酔がきいているのでそれほど痛みを感じませんが、麻酔が切れると痛みを伴うことになります。人によっては起き上がることもできないほどの激痛に見舞われ、トイレに行くだけでも何十分もかかってしまったという声も聞かれます。痛みで寝られないこともあるので最低でも三日ほどは安静にすることが大切です。

具体的な痛みの強さとしてはズキズキとした傷のような痛みや、個人差によるので全員がこのように感じるわけではありませんが、電流が流れるように痛いという声も聞かれます。そのほかには脂肪を注入する方法や、血液を採取してその成分を利用して胸を大きくする手術、ヒアルロン酸を注入する方法などがあげられますが、どれもシリコンバックを挿入する方法に比べると痛みは軽いと言われています。

手術後数日間は痛みを伴うことが多いですが、手をあげる、荷物を持つなどの胸に負担がかかる動きは特に痛みが増してしまうでしょう。どうしても耐えられない場合には薬を飲んだり医師に相談したりすることも覚えておきましょう。

手術の跡が目立つので薄着になれない

仰向けの女性のバストのアップ

豊胸手術を受けた場合に傷はどの部分にできるのか、どのくらい目立たなくなるのか、傷跡で手術をしたことがばれてしまわないのかなど、傷跡についての不安を持っている人も多いことでしょう。

豊胸手術の傷跡はどのような方法で行うかによって変わってきますが、一番よく用いられているシリコンバッグを挿入する方法は、一般的には脇に傷跡を作るケースが多く見られます。胸の下に傷を作った方が手術は簡単で行いやすいと言われていますが、日本人は傷も目立ちやすくなるため一番目立ちにくい場所として脇が選ばれています。傷の大きさは約4センチとなり、シリコンバッグの大きさによっても異なりますが、バッグの直径が10センチほどであるケースが多いのでそれなりの傷が残ることになります。1年もたつと傷跡は気にならなくなりますが、中には赤みが残ったり傷跡が盛り上がったりする人も見られます。

脂肪を注入する方法を用いた場合には、手術を行う医師により傷口の位置や数には多少の誤差がありますが、一つ一つの傷口の大きさは5ミリ程度で、多くの場合胸の上の脇に近い部分や乳輪に傷を作っています。小さい傷であるため、術後半年から1年もすれば多くの人が傷口は気にならなくなります。

ヒアルロン酸を注入する場合には、胸の下の部分に3ミリ程度の小さな傷を作ることが多く見られます。この程度の小さな傷であれば時間がたつにつれてほとんど傷口は目立たなくなり、たとえ目立ったとしても吹き出物があるように見える程度といわれています。

どの部分に傷口を作ったとしても傷跡が目立たなくなるまでにはそれなりの時間がかかります。傷口の治り方には個人差があり、人によっては目立つ傷跡のまま残ってしまい、傷口が目立って薄着になれないという人も中には見られます。

傷口をきれいに治すためにもさわらないように気をつけ、クリニックから処方されるテープをはるなどの努力を怠らないようにしましょう。

Page Top